夏や秋の花粉症

親が花粉症の一歳児はアレルギー一覧表の食品に注意

親が花粉症である場合子供にアレルギーが出る可能性は高くなります。花粉症などのアレルギーは遺伝的な要素が高いためです。花粉症は花粉が原因で起こるため、一見すると食品アレルギーと無縁のように思えます。しかしアレルギーは免疫機構の過剰反応によって引き起こされます。その原因が花粉であっても特定の食品であっても同じように症状が出ます。特に一歳児には注意が必要です。体を作る重要な時期ですから、アレルギー物質の一覧表にあるものを避けるようにしましょう。体は三歳までに基礎が作られると言われています。大きくなってからアレルギーにならないように、原因となるものを避ける必要があります。もちろんアレルギー物質の原因となる食品の一覧表の食品に、必ずしも反応するとは限りません。ですからあまり神経質になる必要はありません。しかし一歳児はまだミルクを飲んでいますし、離乳食が占める部分はほんのわずかです。ですから離乳食に一覧表の食品を避けるのはそれほど難しいことではないかもしれません。一歳児はまだ母乳やミルクを必要とします。食品アレルギーは花粉症よりも対処が難しいことがあります。たとえば小麦粉など頻繁に使用するものであれば、常に注意を払う必要があります。また一度なにかの食品アレルギーになると、克服することは容易ではありません。ましてその食品が好きであるなら、精神的なダメージも大きいかもしれません。このようにアレルギーは全般にわたって、生活に大きな支障をもたらします。現代人がアレルギーに苦しむようになったことにはさまざまな要素が関係しています。食生活に注意を払い、十分な休息を取ることや適切な薬の服用によって対処するしかありません。