夏や秋の花粉症

花粉症や甲殻類やオリーブオイルでアレルギーに対処

花粉症などのアレルギーは時期になると苦しく、全身に倦怠感を感じることもあります。薬の副作用があればなおのこと日常生活に支障をきたします。こうした食品アレルギーは日を追うごとに増えているようにさえ見受けられます。たとえば甲殻類にアレルギーがある場合はエビやカニなどの海鮮物を取り入れることができません。不注意にも摂りいれてしまったなら、唇や口内にしびれを感じるようになります。もっと重症な場合は呼吸困難になることさえあります。よく注意してどんな小さな甲殻類も摂取しないようにする必要があります。また甲殻類をそのまま食べるのではなく、スープに出汁として用いただけでも反応することがあります。ですから外食などでは出汁に甲殻類が含まれていないか、よく確認しなければいけません。さらにオリーブオイルにアレルギー反応が出ることもあります。同じように摂取することで口腔の違和感を覚えます。オリーブオイルはイタリアンなどの洋食には欠かせない調味料ですから、外食では特に注意が必要です。こうした食品アレルギーは、花粉症などをすでに患っている人がなりやすいことがあります。もちろん花粉症であっても、なんでも食べられる人はたくさんいます。ですから花粉症があるなら、食品にも注意しなければいけません。オリーブオイルも甲殻類も身近な食べ物であり、どちらも料理をおいしくさせる食材です。ですからそれが食べられないと、不便を感じたり喜びを失ったりするかもしれません。現在なぜ特定の食品がある人々にアレルギー反応を引き起こすのか根本的な原因はまだ解明されていません。ですから適切な治療を受け、別のもので代用することで対処するしかありません。