夏や秋の花粉症

大田区で増えている花粉症患者にはアレルギー対応布団を

花粉症を発症する患者数は、年々増加傾向にあるといわれており、突然花粉症の症状がでる人もいるようです。花粉症は、さまざまな植物にある花粉によってもたらされるアレルギー反応のことで、多くの人たちは主に目や鼻に症状がでるものです。
日本で最も多いとされているのがスギ花粉になりますが、スギが植生されている地域だけではなく、都心部にまでスギ花粉は飛散するといわれています。その飛散距離は、およそ60kmから80kmの範囲という見方があるようです。現在では、約60種類の植物によって花粉症が引き起こされるといわれています。
東京の大田区でも、毎年たくさんの人が発症しています。東京都の大田区には、クリニックや耳鼻科、アレルギー科がある医療機関がいくつかあります。大田区の医療機関などでは、花粉症対策のひとつとして、アレルギー対応布団を使用することを提案しているようです。
このアレルギー対応布団というのは、ダニやアレルゲンの侵入を防ぐことができる布団になり、手入れも簡単で安心で安全性の高い布団のようです。いくつかの会社がアレルギー対応布団を販売していますが、この中には厚生労働省が認めて推奨している布団もあるようです。こちらは、独自の特殊製法による高熱処理を施して、ダニやアレルゲンを除去した製品になっています。
また、大田区の医療機関では花粉症の検査や、アレルギーの検査を行っているところがありますので、詳しく調べてもらうことも大切になるでしょう。花粉はスギなど約60種類あるため、検査で自身が発症する花粉を知ることで、早めに薬による対処をすることができるでしょう。洗濯物や布団の干し方にも注意して、症状がひどくならないようにしたいものです。