夏や秋の花粉症

夏や秋の花粉症、家出できる対処法

花粉症というと春の風物詩と思う人も多いかと思いますが、夏から秋にかけてのものも昨今増えています。
春の花粉症といえばスギやヒノキが有名ですが、夏から秋の花粉症はイネ科のオオアワガエリやギシギシ、キク科のブタクサやエゾヨモギやヨモギ、カナムグラなどのいわゆる背の低い雑草で5月~8月、または8月~10月ごろがピークとなります。
これらは牧草として栽培されていたり、河川敷や道端にも生息する非常に繁殖力の強いものです。

イネ科の症状は、スギやヒノキのような鼻水や目の痒みに加え、皮膚の痒みなど全身に症状が出るのが特徴です。
キク科の症状は鼻水や目の痒みが特徴です。

実は、スギ・ブタクサ・イネ科植物による花粉症は「世界3大花粉症」と言われ、アメリカではブタクサ、ヨーロッパではイネ科の花粉症が非常に多くみられます。

では、家でできる対処法はどんなものがあるのでしょうか。

夏から秋の花粉症の特徴は春と違って飛散が狭い範囲ということです。
スギやヒノキのように大きな木の場合は10km以上飛散するのであちこちに舞っていますが、ブタクサやヨモギは背が低いのでせいぜい10m程の分布です。
ですので、まずはそういった雑草地に近寄らないということが予防になります。

そしてとにかく室内に花粉を入れないこと。
外出したら玄関先ではたいて、帰ったらすぐ着替える。布団や洗濯物はなるべく部屋干しにする。
そしてマスク、メガネで鼻や目の粘膜からの侵入を防ぎます。

そして、花粉症という自覚がある場合は、1~2週間前から抗ヒスタミンの目薬をしておくことが大切です。仮にアレルギー症状が出てしまっても、軽く済んだり発症が遅くなることもあります。

このように家で自分でできる対処法は非常に原始的なものばかりですが、これが最も効果的です。